メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  真菌血症は専門医の治療で死亡率20%低下

真菌血症は専門医の治療で死亡率20%低下

致死的なカンジダ血症

 2019年10月10日 05:05
プッシュ通知を受取る

22名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国では入院患者におけるカンジダ血症が非常に多く、別の理由で入院し、処置などを通じて院内で感染する患者がほとんどである。米・Washington UniversityのAndrej Spec氏らは、感染症専門医の関与でカンジダ血症患者の予後が改善するか否かを検討。専門医に紹介された患者はエビデンスに基づく処置を受けることが多く、死亡率が有意に低いとの結果をLancet Infect Dis(2019年9月24日オンライン版)に発表した。入院患者のケアに感染症専門医が重要な役割を果たすことは、黄色ブドウ球菌やクリプトコッカス、多剤耐性菌に関する研究でも示されており、今回の知見は新たなエビデンスを追加するものである。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今回の大型台風に対する先生の施設の対応は?(台風進路外の先生は"想定"でお答えください)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  真菌血症は専門医の治療で死亡率20%低下

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10521764 有効期限:10月末まで