メニューを開く 検索を開く ログイン
ers2019

重症喘息患者の3割が高用量OCS使用

ICSのアドヒアランス不良などが背景

 2019年10月11日 18:40
プッシュ通知を受取る

29名の先生が役に立ったと考えています。

 重症喘息患者の約3割が高用量の経口ステロイド薬(OCS)を使用しており、そのうち約8割で吸入ステロイド薬(ICS)のアドヒアランス不良や誤用が認められた。オランダ・University of AmsterdamのKatrien A.B. Eger氏が、第29回欧州呼吸器学会(ERS 2019、9月28日~10月2日、マドリード)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナ感染の風評被害、対策は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  重症喘息患者の3割が高用量OCS使用

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P02521784 有効期限:2月末まで