メニューを開く 検索を開く ログイン

膵臓への真菌侵入でがんリスク増大

 2019年10月11日 18:50
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 ある種の真菌は腸内から膵臓に移動して著明に増殖し、膵管腺がん(PDA)の増殖を促進することが、マウスとヒトのPDA試料を用いた研究により明らかとなった。詳細は米・New York UniversityのGeorge Miller氏らがNature(2019; 574: 264-267)に発表した。PDAは発見時、既に転移している場合が多く、2年以内の死亡率も高い致死的ながんである。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  膵臓への真菌侵入でがんリスク増大