メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  希少疾患PCDにアジスロマイシン維持療法

ers2019

希少疾患PCDにアジスロマイシン維持療法

初のRCTで呼吸器系悪化率が半減

 2019年10月12日 05:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 原発性線毛機能不全症(PCD)は、線毛の構造や機能の異常により慢性的な気管支拡張、耳・副鼻腔感染、不妊などが生じる常染色体劣性遺伝疾患である。その治療法に関する初の大規模臨床試験BESTCILIAが欧州で行われ、マクロライド系抗菌薬アジスロマイシンを用いた維持療法の有効性と安全性が検討された。デンマーク・Copenhagen University HospitalのHelene Kobbernagel氏は第29回欧州呼吸器学会(ERS 2019、9月28日~10月2日、マドリード) で、アジスロマイシン投与によりPCD患者の呼吸器系の悪化率が半減したと報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今回の大型台風に対する先生の施設の対応は?(台風進路外の先生は"想定"でお答えください)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  希少疾患PCDにアジスロマイシン維持療法

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10521788 有効期限:10月末まで