メニューを開く 検索を開く ログイン

米国小児科学会が小児ADHDのGLを改訂

 2019年10月15日 05:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国小児科学会(AAP)が小児・思春期の注意欠陥・多動性障害(ADHD)の診断、評価、治療に関するガイドライン(GL)2019年版をPediatrics(2019; 144: e20192528)に発表した。2011年版GLの発表以降、初めての改訂となり、①GLの推奨内容を実践するための具体的な手順を示した付属文書②ケアの障壁とその対策を示した付属文書−も併せて発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  小児 »  米国小児科学会が小児ADHDのGLを改訂