メニューを開く 検索を開く ログイン

新薬ビベグロンは切迫性尿失禁に有用

 2019年10月18日 05:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 昨年(2018年)わが国で承認された新規β3受容体作動薬ビベグロンは、日本人過活動膀胱(OAB)患者を対象とした第Ⅲ相試験において、優れた有効性と忍容性が検証されている。国立長寿医療研究センター副院長の吉田正貴氏は、OAB患者における切迫性尿失禁に対するビベグロンの有効性をpost hoc解析で検討。尿失禁の重症度にかかわらず有用であったと第26回日本排尿機能学会(9月12〜14日)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  腎・泌尿器 »  新薬ビベグロンは切迫性尿失禁に有用