メニューを開く 検索 ログイン

ブルガダ症候群の突然死予測モデルを構築

2019年10月20日 05:00

10名の医師が参考になったと回答 

 広島大学病院循環器内科准教授の中野由紀子氏は第67回日本心臓病学会(9月13~15日)で、ブルガダ症候群における心臓突然死の新たな予測モデルを構築したと報告した。同氏らは、ブルガダ症候群のうち約1%存在し突然死の予測が難しい無症候性症例に関する予測モデルの研究を行っており、先行研究で良好なモデルを構築することに成功。多施設の477症例を用いて構築し直したモデルで約7年間のフォローアップを行ったところ、心室細動イベントは症例の9.01%に見られた。現在、参加施設を増やし検討を続けている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  ブルガダ症候群の突然死予測モデルを構築

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD521907 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外