メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  ブルガダ症候群の突然死予測モデルを構築

ブルガダ症候群の突然死予測モデルを構築

 2019年10月20日 05:00
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 広島大学病院循環器内科准教授の中野由紀子氏は第67回日本心臓病学会(9月13~15日)で、ブルガダ症候群における心臓突然死の新たな予測モデルを構築したと報告した。同氏らは、ブルガダ症候群のうち約1%存在し突然死の予測が難しい無症候性症例に関する予測モデルの研究を行っており、先行研究で良好なモデルを構築することに成功。多施設の477症例を用いて構築し直したモデルで約7年間のフォローアップを行ったところ、心室細動イベントは症例の9.01%に見られた。現在、参加施設を増やし検討を続けている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

外出先で和式トイレを使う?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  ブルガダ症候群の突然死予測モデルを構築

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P11521907 有効期限:11月末まで