メニューを開く 検索を開く ログイン

骨粗鬆症治療薬、6割が不要な休薬に応じる

A-TOP研究会・調査報告

 2019年10月21日 17:45
プッシュ通知を受取る

64名の先生が役に立ったと考えています。

 骨粗鬆症治療に関連する顎骨壊死対策について、顎骨壊死検討委員会によるポジションペーパー2016では、抜歯前のビスホスホネート製剤または抗RANKL抗体デノスマブの休薬に根拠はないとされた。同委員会委員で松本歯科大学歯科放射線学講座主任教授の田口明氏は第21回日本骨粗鬆症学会(10月11~13日)の2019年度骨粗鬆症至適療法(A-TOP)研究会で、以前に比べ減少しているものの歯科医師からの休薬依頼に応じる医師は6割超存在するとの調査結果を報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  運動器 »  骨粗鬆症治療薬、6割が不要な休薬に応じる