メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Ⅲ期NSCLC化学放射線後の10年予後が初公表

CBDCA+PTXが依然として標準治療の1つに

 2019年10月23日 17:20
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 切除不能Ⅲ期非小細胞肺がん(NSCLC)に対する標準治療は化学放射線療法(CRT)とされるが、これまでCRT後の長期治療成績、毒性については不明であった。国立がん研究センター東病院呼吸器内科の善家義貴氏は、欧州臨床腫瘍学会(ESMO 2019、9月27日〜10月1日、バルセロナ)で、切除不能Ⅲ期NSCLCに対するCRTの有効性と安全性を検証したわが国で最大規模の第Ⅲ相ランダム化比較試験WJOG0105の結果から、第Ⅲ相試験では初となる10年間の長期治療成績のデータを発表。一定の患者では治癒する可能性を示すとともに、第三世代抗がん薬を用いたCRTとしてカルボプラチン(CBDCA)+パクリタキセル(PTX)が依然として標準治療の1つとなりるうることを報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  Ⅲ期NSCLC化学放射線後の10年予後が初公表