メニューを開く 検索を開く ログイン

発がん物質検出でニザチジンも自主回収

 2019年10月24日 16:13
プッシュ通知を受取る

 厚生労働省は10月23日、滋賀県から県内の医薬品製造販売業者がH2受容体拮抗薬ニザチジンを自主回収するとの報告があったと発表した。ラニチジン塩酸塩の原薬から発がん性物質N-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が検出されたとの報告を受け、ラニチジンと化学構造が類似しているニザチジンについても分析したところ、一部に管理指標を超えるNDMAが検出されたためという。(関連記事:「発がん物質検出でラニチジン自主回収」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  安全性情報 »  発がん物質検出でニザチジンも自主回収