メニューを開く 検索を開く ログイン

白内障治療で3焦点眼内レンズが登場

 2019年10月25日 05:05
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 白内障治療で用いられる眼内レンズは、近方と遠方のいずれかにピントを合わせる単焦点型と、複数カ所にピントを合わせて広範囲の視力を補正する多焦点型に分かれる。従来、多焦点型のレンズは2焦点のみだったが、日本アルコンは10月17日に東京都で記者発表会を開き、国内初の3焦点眼内レンズ「AcrySof®IQ PanOptix®Trifocal」(以下、PanOptix)を発売すると発表。東京歯科大学水道橋病院眼科教授のビッセン宮島弘子氏が、白内障治療の現状と同製品の特徴などについて講演した。(関連記事:「白内障手術、眼内レンズ挿入を自動化」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »   »  白内障治療で3焦点眼内レンズが登場