メニューを開く 検索を開く ログイン

血糖管理:closed-loopはSAPより良好

1型糖尿病患者対象の6カ月間第Ⅲ相RCTで検証

 2019年10月25日 16:10
プッシュ通知を受取る

46名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 Tandem Diabetes Care

 持続グルコースモニター(CGM)を搭載して血糖変動を持続的にモニタリングするセンサー付きインスリンポンプ(SAP)と比べて、CGMのモニタリング結果に応じてインスリン投与量の自動調節を行うclosed-loopシステム(いわゆる携帯型人工膵臓)は、1型糖尿病患者において血糖値が目標範囲内にある時間を有意に延長させる。米・University of VirginiaのSue A. Brown氏らが、Tandem Diabetes Care社のclosed-loopシステムControl-IQの効果をSAPと比較した6カ月間の第Ⅲ相多施設ランダム化比較試験(RCT)International Diabetes Closed-Loop(iDCL) Trialの結果をN Engl J Med2019年10月16日オンライン版)に発表した。なお、同システムは米食品医薬品局(FDA)に製造販売承認を申請中。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ポピドンヨードがコロナに有効?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  血糖管理:closed-loopはSAPより良好

error in template: found but mtif was expected