メニューを開く 検索 ログイン

パーキンソン病患者では嚥下障害予防が重要

2019年10月25日 16:15

4名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 パーキンソン病(PD)治療では、服薬の調整と運動による運動機能の維持が中心となるが、PD患者は嚥下障害を起こしやすく、それが服薬治療の妨げになる場合がある。国立精神・神経医療研究センター病院脳神経内科医長の山本敏之氏は「PD患者では誤嚥性肺炎や窒息の防止、服薬治療継続のためにも、嚥下障害の予防が非常に重要となる」とアッヴィ主催の講演会で述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  パーキンソン病患者では嚥下障害予防が重要