メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  乳がん女性のQOL、内分泌療法が大きく影響

乳がん女性のQOL、内分泌療法が大きく影響

フランスの前向きコホート研究

 2019年10月28日 05:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 乳がん女性のQOLに対する内分泌療法と化学療法の影響について、これまでの考え方を覆すような研究結果が報告された。一般的に持たれている印象とは逆に、内分泌療法は化学療法よりも患者のQOLを広範かつ長期にわたり低下させ、特に閉経後の患者で顕著であることが、フランスの前向きコホート研究から示された。化学療法の影響は一過性だった。フランス国立保健医学研究所(INSERM)Unit981, Gustave Roussy, Cancer CampusのArlindo R. Ferreira氏らがAnn Oncol(2019年10月8日オンライン版)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

外出先で和式トイレを使う?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  乳がん女性のQOL、内分泌療法が大きく影響

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P11522005 有効期限:11月末まで