メニューを開く 検索を開く ログイン

放射線治療時の"息止め"延長に秘策

 2019年10月29日 17:37
プッシュ通知を受取る

28名の先生が役に立ったと考えています。

 英国立衛生研究所(NIHR)のMichael J. Parkes氏らは、肺の酸素レベルを増加させて、血液から二酸化炭素を除去することにより、長時間安全に息を止められることを研究により実証した。呼吸性移動を伴う腫瘍に対する放射線治療では、複数回の短い息止め中に照射が行われているが、長時間の息止めにより精度の向上が期待される。詳細はRadiother Oncol2019年9月6日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  放射線 »  放射線治療時の"息止め"延長に秘策