メニューを開く 検索を開く ログイン

ACE阻害薬の効果・安全性は利尿薬に劣る

高血圧患者490万例のビッグデータ解析

 2019年10月30日 17:21
プッシュ通知を受取る

27名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 第一選択の降圧薬として最も処方頻度が高いACE阻害薬は、処方頻度が低いサイアザイド系利尿薬および類似薬(以下、サイアザイド系利尿薬)と比べて心血管イベントの予防効果が低く、副作用も多いことが示された。米・University of California, Los AngelesのMarc A. Suchard氏らが、高血圧患者490万例を対象としたビッグデータを解析。その結果をLancet(2019年10月24日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  ACE阻害薬の効果・安全性は利尿薬に劣る

error in template: found but mtif was expected