メニューを開く 検索を開く ログイン

インフルワクチンにパッチ剤の可能性

 2019年10月31日 17:48
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・皮膚科のBenjamin L. Miller氏らは、同氏らが開発中の、インフルエンザワクチン(IFV)の経皮吸収型製剤(パッチ剤)が、マウス実験において十分な有効性を示し、副作用も認められなかったと発表。今後、ヒトでの効果を検証し、医薬品として承認されれば、IFV注射剤のように医療従事者による薬剤の管理や廃棄時のバイオハザード対策が不要になるという。研究の詳細は、J Invest Dermatol(2019年8月2日オンライン版)に報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  インフルワクチンにパッチ剤の可能性