メニューを開く 検索 ログイン

ステロイドで変形性関節症の予後悪化

2019年11月01日 15:52

7名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Boston University放射線医学教授のAndrew J. Kompel氏らによると、変形性関節症(OA)患者に対し関節内コルチコステロイド(IACS)注射を行うと、急速破壊型股関節症などを招いて関節圧潰を来したり、人工関節置換術の施行リスクが早まる可能性が示唆されたという。詳細はRadiology(2019年10月15日オンライン版)に報告された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  運動器 »  ステロイドで変形性関節症の予後悪化

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD522174 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外