メニューを開く 検索を開く ログイン

米国先住民は心房細動の高リスク例

 2019年11月04日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 心房細動(AF)の有病率と発症率は白人で高いとされており、米国の患者数は約270万人に上る。他方、AFの危険因子は白人よりもネイティブアメリカン(米国先住民)のような少数民族で多く保有すると考えられるものの、従来の研究では対象に含まれておらず、AFの発症率と人種の関係は検討されていなかった。今回、米・University of California, San FranciscoのGregory M. Marcus氏らがCirculation2019年10月21日オンライン版)に発表した報告によると、他の人種と比べ米国先住民ではAFの発症率が高かったという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  米国先住民は心房細動の高リスク例

error in template: found but mtif was expected