メニューを開く 検索を開く ログイン

抗がん薬による心毒性が運動で打ち消しに?

 2019年11月06日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 抗がん薬を投与中のがん患者では治療に伴う心血管合併症、いわゆる心毒性が引き起こされることから、予防戦略の検討や心毒性に伴う悪影響への対策を講じることが不可欠となる。イタリア・University of SienaのFlavio D'Ascenzi氏らは、抗がん薬によって誘発される心毒性に対し、特に臨床症状を未然に防ぐ運動の有益性を既存の報告から検討。運動は治療中および治療後の心毒性の悪影響を打ち消すと、Eur J Prev Cardiol2019年10月6日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  抗がん薬による心毒性が運動で打ち消しに?

error in template: found but mtif was expected