メニューを開く 検索を開く ログイン

認知症治療薬、承認申請へ再挑戦

 2019年11月06日 15:20
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 Aducanumabは、米・バイオジェン社が早期アルツハイマー型認知症の治療薬として開発した化合物。同社は、エーザイと共同で開発および製品化を手がけてきたが、2件の第Ⅲ相試験で主要評価項目が達成される可能性が低いとして、今年(2019年)3月にいったん開発を断念。そこから一転して今回、米食品医薬品局(FDA)との協議に基づき、新薬承認を目指して来年に申請を行うと発表した(関連記事「認知症薬の最有力候補が開発中止に」)。承認されれば、早期アルツハイマー型認知症の進展を抑える初の治療薬となる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  認知症治療薬、承認申請へ再挑戦

error in template: found but mtif was expected