メニューを開く 検索 ログイン

認知症治療薬、承認申請へ再挑戦

2019年11月06日 15:20

10名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 Aducanumabは、米・バイオジェン社が早期アルツハイマー型認知症の治療薬として開発した化合物。同社は、エーザイと共同で開発および製品化を手がけてきたが、2件の第Ⅲ相試験で主要評価項目が達成される可能性が低いとして、今年(2019年)3月にいったん開発を断念。そこから一転して今回、米食品医薬品局(FDA)との協議に基づき、新薬承認を目指して来年に申請を行うと発表した(関連記事「認知症薬の最有力候補が開発中止に」)。承認されれば、早期アルツハイマー型認知症の進展を抑える初の治療薬となる。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  認知症治療薬、承認申請へ再挑戦

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD522236 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外