メニューを開く 検索を開く ログイン

希少疾患患者、世界で3億人超

疾患負荷は決して小さくない

 2019年11月06日 15:40
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images rclassenlayouts ※画像はイメージです

 希少疾患の克服は世界的な課題だが、これまでデータ不足により正確な有病率の推算は困難であった。フランス国立衛生医学研究所(INSERM)US14のStéphanie Nguenguan氏らは、同研究所が構築・整備した希少疾患に関する世界最大の疫学データベースOrphanet用いた最新の解析結果をEur J Hum Genet(2019年9月16日オンライン版)に発表。3,500以上の希少疾患の有病率を検討した結果、全世界で3億人超が希少疾患に罹患していると推算され、その約80%を149の疾患が占めていたという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  希少疾患患者、世界で3億人超