メニューを開く 検索を開く ログイン

視神経脊髄炎にリツキシマブが有効

適応申請に向けた準備進む

 2019年11月07日 05:10
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 視神経脊髄炎(NMO)は、中枢神経系が脱髄することによって視力障害や感覚異常、運動麻痺などの症状が生じ、寛解と再発を繰り返す難病である。多発性硬化症(MS)の一種と考えられていたが、治療に対する反応は両者で異なり、患者から特異的な抗体〔抗アクアポリン(AQP)-4抗体〕が発見されたことで現在は別の疾患として区分されている。国内ではNMOを適応とする治療薬はまだないが、リツキシマブの効果を検討する治験RIN-1(Rituximab in NMO) が行われ、適応申請に向けた準備が進んでいる。治験に携わった国立病院機構宇多野病院臨床研究部免疫研究室長の田原将行氏は、第31回日本神経免疫学会(9月26~27日)でNMOに対するリツキシマブ治療の可能性について展望した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  視神経脊髄炎にリツキシマブが有効

error in template: found but mtif was expected