メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  見逃されている"低体温"に注意を

見逃されている"低体温"に注意を

敗血症患者におけるFORECAST研究サブ解析

 2019年11月08日 16:45
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 敗血症患者を対象とした国際共同試験では、非低体温例に比べ35.5℃未満の低体温例で死亡率が高いことが報告されている。東北大学大学院救急医学教授の久志本成樹氏らは、日本救急医学会主導の多施設前向き研究FORECASTのサブ解析として、敗血症患者の体温異常に注目した検討結果をCrit Care Med2019; 47: 691-699)に報告した。日本においても低体温を呈する敗血症患者は死亡率が高いことが明らかになったとして、同氏は「低体温こそ注意すべき特徴である」と第47回同学会(10月2~4日)で訴えた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

外出先で和式トイレを使う?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  見逃されている"低体温"に注意を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P11522228 有効期限:11月末まで