メニューを開く 検索を開く ログイン
ers2019

カナグリフロジンの腎保護、高度低下例でも

CREDENCEサブグループ解析

 2019年11月08日 17:20
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

 慢性腎臓病(CKD)を伴う2型糖尿病患者において、SGLT2阻害薬カナグリフロジンによる腎および心血管の両アウトカムの改善を示した大規模臨床試験CREDENCE※1は、腎アウトカムを主要評価項目とする臨床試験で初めてSGLT2阻害薬の有効性を示し、その主解析の結果は大いに注目された(関連記事:カナグリフロジンで腎アウトカムが改善)。米・University of Chicago MedicineのGeorge Bakris氏は、同試験の対象者のうちベースライン時に推算糸球体濾過量(eGFR)が30mL/分/1.73m2未満であった集団のサブグループ解析の結果を米国腎臓学会腎臓週間(ASN Kidney Week 2019、11月5~10日、ワシントンD.C.)で発表。高度腎機能低下例においてもカナグリフロジンはプラセボと比べてeGFRの低下を抑制し、腎・心血管・死亡アウトカムも主解析と一貫した結果が示されたと報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  腎・泌尿器 »  カナグリフロジンの腎保護、高度低下例でも