メニューを開く 検索を開く ログイン
ers2019

ロキサデュスタットは透析未導入CKDにも有効

国際共同第Ⅲ相ランダム化比較試験OLYMPUS

 2019年11月11日 16:30
プッシュ通知を受取る

16名の先生が役に立ったと考えています。

 ロキサデュスタットは慢性腎臓病(CKD)患者の腎性貧血を改善するファースト・イン・クラスの低酸素誘導因子(HIF)プロリン水酸化酵素(PH)阻害薬で、日本では今年(2019年)9月に透析期の腎性貧血に対し承認されている(関連記事:透析期の腎性貧血に新経口治療薬)。米・Northwell HealthのSteven Fishbane氏らは、非透析依存性CKD(NDD-CKD)患者を対象としたロキサデュスタットの国際共同第Ⅲ相ランダム化比較試験OLYMPUSの結果を米国腎臓学会腎臓週間(ASN Kidney Week 2019、11月5〜10日、ワシントンD.C.)で発表。同薬がNDD-CKD患者においてヘモグロビン(Hb)を増加し、レスキュー療法を大幅に減らしたと報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

家庭で楽しみな風呂は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  ロキサデュスタットは透析未導入CKDにも有効

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12522291 有効期限:12月末まで