メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

抗凝固薬とOTC・サプリの危険な併用が多発

薬物相互作用の知識不足が浮き彫り

 2019年11月12日 05:00
プッシュ通知を受取る

50名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)服用者の約98%が一般用医薬品およびサプリメント(OTC製品)を併用しており、33%はDOACとの併用により消化管出血リスクが高まる恐れのあるOTC製品を1つ以上摂取している実態が明らかになった。また、そうした服用者では薬物相互作用の知識も乏しかった。米・University of California, Los AngelesのDerjung M. Tarn氏らが、DOAC服用者791例の調査結果をJ Am Geriatr Soc(2019年10月28日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  抗凝固薬とOTC・サプリの危険な併用が多発