メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  抗凝固薬とOTC・サプリの危険な併用が多発

抗凝固薬とOTC・サプリの危険な併用が多発

薬物相互作用の知識不足が浮き彫り

2019年11月12日 05:00

50名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)服用者の約98%が一般用医薬品およびサプリメント(OTC製品)を併用しており、33%はDOACとの併用により消化管出血リスクが高まる恐れのあるOTC製品を1つ以上摂取している実態が明らかになった。また、そうした服用者では薬物相互作用の知識も乏しかった。米・University of California, Los AngelesのDerjung M. Tarn氏らが、DOAC服用者791例の調査結果をJ Am Geriatr Soc(2019年10月28日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

治安は悪化している? この1年で防犯対策をしましたか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  抗凝固薬とOTC・サプリの危険な併用が多発