メニューを開く 検索を開く ログイン

進行期パーキンソン病、デバイス治療も考慮

 2019年11月12日 15:44
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 パーキンソン病(PD)の治療は薬物療法が基本になるが、長期間の薬物投与やPDの進行に伴い薬効が減弱して、投与量が増えることによる副作用などが問題となる。順天堂大学脳神経内科准教授の大山彦光氏は、進行期PDに対するデバイス補助療法(DAT)についてアッヴィ主催の講演会で解説。「従来の薬物療法で十分な効果が得られない進行期のPDでは、DATの導入も治療選択肢となりうる」述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  進行期パーキンソン病、デバイス治療も考慮

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12522305 有効期限:12月末まで