メニューを開く 検索を開く ログイン
ers2019

CKD患者ではがん発症率・死亡率が高まる

 2019年11月13日 05:05
プッシュ通知を受取る

 慢性腎臓病(CKD)患者はがん発症リスクが高く、がんの予後にも悪影響を及ぼす可能性があるとされるが、それらに関するデータは限られておりばらつきも見られる。カナダ・University of Toronto のAbhijat Kitchlu氏らは、CKD患者を対象としたコホート研究を実施。CKD患者ではがんの新規発症率および死亡率が高まることを⽶国腎臓学会腎臓週間(ASN Kidney Week 2019、11⽉5〜10⽇、ワシントンD.C.)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  CKD患者ではがん発症率・死亡率が高まる