メニューを開く 検索を開く ログイン
ers2019

CKD患者ではがん発症率・死亡率が高まる

 2019年11月13日 05:05
プッシュ通知を受取る

 慢性腎臓病(CKD)患者はがん発症リスクが高く、がんの予後にも悪影響を及ぼす可能性があるとされるが、それらに関するデータは限られておりばらつきも見られる。カナダ・University of Toronto のAbhijat Kitchlu氏らは、CKD患者を対象としたコホート研究を実施。CKD患者ではがんの新規発症率および死亡率が高まることを⽶国腎臓学会腎臓週間(ASN Kidney Week 2019、11⽉5〜10⽇、ワシントンD.C.)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  CKD患者ではがん発症率・死亡率が高まる

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12522300 有効期限:12月末まで