メニューを開く 検索を開く ログイン

日本腹膜播種研究会が発足

タキサン腹腔内反復投与による治療戦略を展望

 2019年11月13日 16:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 腹膜播種は、消化器がんや卵巣がんなどにおける最も重要な予後規定因子である。抗悪性腫瘍薬の開発が進み、進行・再発がん患者の予後は向上しているが、腹膜播種は全身化学療法による十分な治療効果が得られず、明らかな予後改善には至っていない。こうした問題の解決に向け「日本腹膜播種研究会」が発足、第57回日本癌治療学会(10月24~26日)の会期に合わせて同研究会の第1回シンポジウムが開催された。同研究会理事長で自治医科大学消化器一般移植外科部門教授の北山丈二氏は、腹膜播種を有する初発胃がんを対象にタキサン系薬の腹腔内反復化学療法(Repeated intraperitoneal chemotherapy;RIPEC)+全身化学療法併用の有効性および安全性を、標準的な全身化学療法を対照に検証した世界初の第Ⅲ相ランダム化比較試験PHOENIX-GCの結果を紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  日本腹膜播種研究会が発足

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12522301 有効期限:12月末まで