メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

4型/大型3型胃がんへの術前化学放射線療法

国内第Ⅱ相試験OGSG1205で有用性を確認

 2019年11月14日 05:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 4型/大型3型胃がんの多くは腹膜転移により再発し、根治手術を行っても予後は極めて不良である。術前補助療法が予後の改善に寄与するとの期待から複数の臨床試験で検証されているが、いまだ十分な治療成績は得られていない。このような中、第57回日本癌治療学会(10月24~26日)で、大阪医科大学一般・消化器外科講師の李相雄氏が、4型/大型3型胃がんに対する術前S-1(テガフール・ギメラシル・オテラシル)+シスプラチン(CDDP)+放射線療法の効果を検証する第Ⅱ相試験OGSG1205の成績を報告。対象は20例と少数の患者での検討ではあるが、同療法により高い組織学的著効(pCR)率と長期予後が得られたことを示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナで医療崩壊の危機」感じていますか?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  4型/大型3型胃がんへの術前化学放射線療法