メニューを開く 検索を開く ログイン

2050年までに欧州で7,700万人が加齢黄斑変性

5万5,323例を含むシステマチックレビューとメタ解析

 2019年11月15日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 加齢黄斑変性(AMD)は不可逆的な失明と重度の視覚障害を引き起こす疾患である。ドイツ・University of BonnのJeany Q Li氏らは、5万5,323例のデータを含むシステマチックレビューとメタ解析の結果、欧州では2050年までにAMD患者数は15%増加し、7,700万人に達すると予測された、とBr J Ophthalmol2019年11月11日オンライン版)に報告。「今後数十年、莫大な医療費と慎重な計画が必要になる」と警告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »   »  2050年までに欧州で7,700万人が加齢黄斑変性