メニューを開く 検索を開く ログイン

米国先住民の心血管疾患は減少傾向

25年間の前向き研究

 2019年11月15日 16:50
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国先住民は、心血管疾患(CVD)の発症率が他の人種に比べて高いことが知られている。こうした中、米・Washington State UniversityのClemma J. Muller氏らが25年にわたり行った前向き研究の結果、米国先住民のCVD発症率は減少傾向にあることが分かった。また、女性に比べ男性で新規発症の心筋梗塞や脳卒中など心血管イベントによる死亡率が低下していた。詳細はJ Am Heart Assoc2019; 8: e012289)に報告された。(関連記事「米国先住民は心房細動の高リスク例」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  米国先住民の心血管疾患は減少傾向