メニューを開く 検索 ログイン

少しのランニングでも死亡リスク低下

23万例超のシステマチックレビューとメタ解析

2019年11月18日 18:10

13名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 走る速度や時間、頻度にかかわらず、ランニングは死亡リスクの有意な低下と関連することが、オーストラリア・Victoria UniversityのZeljko Pedisic氏らが実施した対象23万例超のシステマチックレビューとメタ解析で示された。詳細はBr J Sports Med2019年11月4日オンライン版)に発表された。(関連記事「強度に関わらず、動いて長生き」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  少しのランニングでも死亡リスク低下

error in template: found but mtif was expected