メニューを開く 検索を開く ログイン

少しのランニングでも死亡リスク低下

23万例超のシステマチックレビューとメタ解析

 2019年11月18日 18:10
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 走る速度や時間、頻度にかかわらず、ランニングは死亡リスクの有意な低下と関連することが、オーストラリア・Victoria UniversityのZeljko Pedisic氏らが実施した対象23万例超のシステマチックレビューとメタ解析で示された。詳細はBr J Sports Med2019年11月4日オンライン版)に発表された。(関連記事「強度に関わらず、動いて長生き」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  少しのランニングでも死亡リスク低下

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12522397 有効期限:12月末まで