メニューを開く 検索を開く ログイン

CKD合併HFpEFの血中Hbが治療標的に

 2019年11月19日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 兵庫医科大学循環器・腎透析内科講師の内藤由朗氏は全国15施設による前向き研究の解析から、左室駆出率が保持された心不全(HFpEF)に慢性腎臓病(CKD)を合併した症例では貧血が治療標的になるとし、具体的な治療目標値を報告した。心不全ではCKDと貧血はともに合併しやすく、3者が複雑に絡み合い病態を悪化させていくことが知られている。同氏らの解析によると、CKD合併HFpEFでは貧血があると有意に予後が悪化し、血中ヘモグロビン値が独立した危険因子であることが判明。CKDステージG3a合併例の目標血中ヘモグロビン値が11.5g/dLと算出された。この成果は、日本心臓病学会(9月13~15日)で発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

変異株はコロナの脅威を増大させるか

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  CKD合併HFpEFの血中Hbが治療標的に