メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

重症心不全に「在宅」という選択肢を

 2019年11月19日 18:28
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 医療法人社団ゆみの(東京都)理事長・最高医療責任者の弓野大氏は、第67回日本心臓病学会(9月13~15日)で重症心不全に対する在宅医療を解説。病院での治療で難渋が想定される重症心不全症例を4症例提示し、それらの在宅医療の経過を説明、重症であっても高いQOLで心不全を在宅で診ることができる可能性を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  重症心不全に「在宅」という選択肢を

error in template: found but mtif was expected