メニューを開く 検索を開く ログイン

重症心不全に「在宅」という選択肢を

 2019年11月19日 18:28
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 医療法人社団ゆみの(東京都)理事長・最高医療責任者の弓野大氏は、第67回日本心臓病学会(9月13~15日)で重症心不全に対する在宅医療を解説。病院での治療で難渋が想定される重症心不全症例を4症例提示し、それらの在宅医療の経過を説明、重症であっても高いQOLで心不全を在宅で診ることができる可能性を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  重症心不全に「在宅」という選択肢を