メニューを開く 検索を開く ログイン

アセトアミノフェン曝露がADHDリスクに

 2019年11月19日 18:16
プッシュ通知を受取る

136名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 臍帯血中のバイオマーカーに基づいた胎児期のアセトアミノフェン曝露は、用量依存性に小児期の注意欠陥・多動性障害(ADHD)および自閉症スペクトラム障害(ASD)のリスク上昇と関連していたとする前向き観察研究の結果を、米・Johns Hopkins University Bloomberg School of Public HealthのYuelong Ji氏らがJAMA Psychiatry(2019年10月30日オンライン版)に発表した。これまでにも同様の関連を示す研究報告はあったが、同氏らは「臍帯血中のバイオマーカーに基づき、胎児のアセトアミノフェン曝露を評価した前向き研究はこれが初めて」としている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  アセトアミノフェン曝露がADHDリスクに