メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

放射線治療の遅発性合併症に高圧酸素

 2019年11月20日 05:10
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 骨盤部への放射線治療による遅発性の有害事象として放射線性膀胱炎が知られている。スウェーデン・University of Gothenburg麻酔学・集中治療のNicklas Oscarsson氏らによると、90分/日の高圧酸素治療(HBOT)を30〜40回施行することで、放射線性膀胱炎による出血、尿失禁、疼痛が軽減するという。詳細はLancet Oncol(2019年9月16日オンライン版)で報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  放射線治療の遅発性合併症に高圧酸素

error in template: found but mtif was expected