メニューを開く 検索を開く ログイン

放射線治療の遅発性合併症に高圧酸素

 2019年11月20日 05:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 骨盤部への放射線治療による遅発性の有害事象として放射線性膀胱炎が知られている。スウェーデン・University of Gothenburg麻酔学・集中治療のNicklas Oscarsson氏らによると、90分/日の高圧酸素治療(HBOT)を30〜40回施行することで、放射線性膀胱炎による出血、尿失禁、疼痛が軽減するという。詳細はLancet Oncol(2019年9月16日オンライン版)で報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  放射線治療の遅発性合併症に高圧酸素

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12522396 有効期限:12月末まで