メニューを開く 検索を開く ログイン

PCI後チカグレロル単剤で出血リスク低下

アスピリン併用との比較

 2019年11月20日 15:45
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行後の合併症高リスク患者に対するチカグレロル単剤投与はアスピリン併用投与と比べ出血リスクを低下させる。米・Mount Sinai HospitalのRoxana Mehran氏らは、PCI施行後の出血性または虚血性合併症リスクが高い患者を対象に行った二重盲検ランダム化比較試験(RCT)TWILIGHTの結果をN Engl J Med2019; 381: 2032-2042)に発表した。P2Y12受容体阻害薬チカグレロル+アスピリンによる抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)を3カ月継続後にチカグレロル単剤療法に切り替えた患者では、DAPTを継続した患者と比べ、虚血リスクを上昇させることなく出血リスクを有意に低下させた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  PCI後チカグレロル単剤で出血リスク低下

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12522454 有効期限:12月末まで