メニューを開く 検索を開く ログイン

新治療で進行肺がんの生存期間が大幅延長

初回からEGFR-TKIと化学療法を同時併用

 2019年11月22日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 肺がんは、わが国における部位別のがん死亡原因の第1位(2017年)であり、予後不良な疾患として知られている。東北大学大学院緩和医療学分野教授の井上彰氏らは、日本人に比較的多いとされる上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の進行肺がんに対し、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)ゲフィチニブと化学療法を併用投与する新たな治療法を考案。有効性および安全性を検討したところ、生存期間の大幅な延長などが示されたと、J Clin Oncol2019年11月4日オンライン版)に発表した。同結果については、米国臨床腫瘍学会(ASCO 2018)で報告されている(関連記事:「EGFR陽性肺がん、化学療法併用で『深い奏効』」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  新治療で進行肺がんの生存期間が大幅延長

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12522422 有効期限:12月末まで