メニューを開く 検索 ログイン

新治療で進行肺がんの生存期間が大幅延長

初回からEGFR-TKIと化学療法を同時併用

2019年11月22日 05:00

6名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 肺がんは、わが国における部位別のがん死亡原因の第1位(2017年)であり、予後不良な疾患として知られている。東北大学大学院緩和医療学分野教授の井上彰氏らは、日本人に比較的多いとされる上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の進行肺がんに対し、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)ゲフィチニブと化学療法を併用投与する新たな治療法を考案。有効性および安全性を検討したところ、生存期間の大幅な延長などが示されたと、J Clin Oncol2019年11月4日オンライン版)に発表した。同結果については、米国臨床腫瘍学会(ASCO 2018)で報告されている(関連記事:「EGFR陽性肺がん、化学療法併用で『深い奏効』」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  新治療で進行肺がんの生存期間が大幅延長