メニューを開く 検索を開く ログイン

ARNIの有効性を日本の心不全患者でも確認

PARALLEL-HF試験

 2019年11月26日 16:42
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)バルサルタンとネプリライシン阻害薬の化合物であるサクビトリルバルサルタン(ARNI)は、多数の臨床試験により、その有効性と安全性が検討されてきた。九州大学循環器内科学教授の筒井裕之氏は、左室駆出率(LVEF)が低下した心不全(HFrEF)の日本人患者を対象に、その有効性と安全性を検討したPARALLEL-HF試験の結果を報告。サクビトリルバルサルタンの有効性、忍容性が日本人HFrEF患者でも認められたと第23回日本心不全学会(10月4~6日)で報告した(関連記事「要注目の心不全治療薬、治療機器は?」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  ARNIの有効性を日本の心不全患者でも確認