メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

黄砂の飛来後に常位胎盤早期剝離が増加

 2019年11月26日 05:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 東邦大学公衆衛生学分野講師の道川武紘氏らは、九州大学、国立環境研究所と共同で、大気環境が人の健康、とりわけ妊婦と出生児の健康に及ぼす影響について研究を進めている。今回は、東アジア内陸部の砂漠由来の砂塵である黄砂と、常位胎盤早期剝離(早期剝離)の発生との関連について検討。その結果、黄砂の飛来後に早期剝離が増加していたと、 BJOG2019年10月26日オンライン版)に発表した。疫学研究の成果としては、世界初となる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  女性疾患・周産期 »  黄砂の飛来後に常位胎盤早期剝離が増加

error in template: found but mtif was expected