メニューを開く 検索を開く ログイン

これだけは知っておきたい心不全の身体所見

 2019年11月26日 17:35
プッシュ通知を受取る

95名の先生が役に立ったと考えています。

 わが国の心不全患者数は急激に増加しており、2030年には130万人を超すと推計されている。この増加の勢いは「心不全パンデミック」ともいわれ、臨床で心不全に遭遇する頻度も高くなるとみられる。日本循環器学会/日本心不全学会が作成した『急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版)』の中で示されている心不全の診断アルゴリズムでは、症状、既往・患者背景の次に身体所見の診察が位置付けられており、基本的な手技だが確実に身に付けておきたい。第67回日本心臓病学会(9月13~15日)で近森病院(高知市)循環器内科部長の中岡洋子氏が講演した「心不全の身体所見」の内容を紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  これだけは知っておきたい心不全の身体所見

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12522568 有効期限:12月末まで