メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

asn2019

バダデュスタット、日本人透析未導入にも有望

オープンラベル実薬対照第Ⅲ相RCT

 2019年11月27日 05:10
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 慢性腎臓病(CKD)患者の腎性貧血に対する新規作用機序の薬剤として、低酸素誘導因子プロリン水酸化酵素(HIF-PH)阻害薬が注目を集めている。東京大学大学院腎臓・内分泌内科教授の南学正臣氏らは、非透析依存性のCKD(NDD-CKD)患者を対象にHIF-PH阻害薬バダデュスタットを従来薬と比較した国内初の第Ⅲ相ランダム化比較試験(RCT)の結果を米国腎臓学会腎臓週間(ASN Kidney Week 2019、11月5〜10日、ワシントンD.C.)で発表。バダデュスタットがNDD-CKD患者における腎性貧血治療の新たな選択肢として有望であることを示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  腎・泌尿器 »  バダデュスタット、日本人透析未導入にも有望

error in template: found but mtif was expected