メニューを開く 検索を開く ログイン

低負荷手術でもフレイルには高リスク

 2019年11月27日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 フレイル状態の人にとっては、負担が少ない手術でも致命的になる可能性がある。米・Vanderbilt University Medical CenterのMyrick C. Shinall Jr.氏らは、同国の退役軍人43万人超を対象にフレイルと手術の生理学的ストレス強度、術後の死亡率の関連を検討。その結果、フレイル状態の人ではそうでない人と比べ、手術のストレス強度を問わず術後30~180日の死亡率が上昇したとJAMA Surg2019年11月13日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  低負荷手術でもフレイルには高リスク

error in template: found but mtif was expected