メニューを開く 検索を開く ログイン

低負荷手術でもフレイルには高リスク

 2019年11月27日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 フレイル状態の人にとっては、負担が少ない手術でも致命的になる可能性がある。米・Vanderbilt University Medical CenterのMyrick C. Shinall Jr.氏らは、同国の退役軍人43万人超を対象にフレイルと手術の生理学的ストレス強度、術後の死亡率の関連を検討。その結果、フレイル状態の人ではそうでない人と比べ、手術のストレス強度を問わず術後30~180日の死亡率が上昇したとJAMA Surg2019年11月13日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  低負荷手術でもフレイルには高リスク

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12522547 有効期限:12月末まで