メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

週末効果に意外な因子が関連

 2019年11月28日 18:06
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 週末に院内死亡率が上昇する"週末効果"の存在についてはエビデンスが豊富に存在するが、その根本原因はほとんど解明されていない。そのため、本当に週末に安全性が低下するのか、それとも平日のリスク低下に関連する因子を看過し、バイアスのかかった比較がなされているのかは不明であった。英・University of CambridgeのStefan Scholtes氏らが行った新研究の結果、若手医師は重症度の高い患者を週末に入院させる傾向が強く、若手医師が入院させた患者でのみ週末効果が確認された。詳細はEmerg Med J(2019; 36: 708-715)に発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  週末効果に意外な因子が関連