メニューを開く 検索を開く ログイン

帯状疱疹ワクチンで群発頭痛の9割が改善

 2019年11月29日 14:05
プッシュ通知を受取る

158名の先生が役に立ったと考えています。

 反復性群発頭痛(Episodic cluster headache;ECH)には水痘・帯状疱疹ウイルス(Varicella Zoster Virus;VZV)の関与が示唆されている。東京女子医科大学脳神経外科客員教授の清水俊彦氏は、2007年にECH患者ではVZV抗体価が高いことを発表。その後、VZVワクチンの群発頭痛予防効果に関する研究を重ねている。第47回日本頭痛学会(11月15~16日)では、最新の検討を発表。VZVワクチン投与によりECH患者の9割で発作の改善が得られたと報告し、群発頭痛の再発を予防するためにはIgG抗体の定期的な測定や、VZVワクチンの投与が推奨されると述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  帯状疱疹ワクチンで群発頭痛の9割が改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12522585 有効期限:12月末まで