メニューを開く 検索 ログイン

帯状疱疹ワクチンで群発頭痛の9割が改善

2019年11月29日 14:05

169名の医師が参考になったと回答 

 反復性群発頭痛(Episodic cluster headache;ECH)には水痘・帯状疱疹ウイルス(Varicella Zoster Virus;VZV)の関与が示唆されている。東京女子医科大学脳神経外科客員教授の清水俊彦氏は、2007年にECH患者ではVZV抗体価が高いことを発表。その後、VZVワクチンの群発頭痛予防効果に関する研究を重ねている。第47回日本頭痛学会(11月15~16日)では、最新の検討を発表。VZVワクチン投与によりECH患者の9割で発作の改善が得られたと報告し、群発頭痛の再発を予防するためにはIgG抗体の定期的な測定や、VZVワクチンの投与が推奨されると述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  帯状疱疹ワクチンで群発頭痛の9割が改善

医師限定初回登録キャンペーン!
初めて会員登録いただいた医師会員には
500円分のポイント進呈!

※既に会員の方、過去に利用された方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD0516522585 有効期限:5月末まで