メニューを開く 検索を開く ログイン

ω-3脂肪酸が児のADHD症状を改善

 2019年12月02日 05:05
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 魚介類などに含まれるω-3脂肪酸には、注意欠陥・多動性障害(ADHD)児の注意力を改善させる効果があることが示された。ただし、この効果は血中ω-3脂肪酸濃度が低値の児においてのみ見られたという。英・King's College LondonのJane Pei-Chen Chang氏らがADHD児を対象にω-3脂肪酸の一種であるイコサペント酸(EPA)サプリメントのADHD症状改善効果を検討した二重盲検ランダム化比較試験の結果をTransl Psychiatry2019; 9: 303)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  ω-3脂肪酸が児のADHD症状を改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12522641 有効期限:12月末まで