メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ω-3脂肪酸が児のADHD症状を改善

 2019年12月02日 05:05
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 魚介類などに含まれるω-3脂肪酸には、注意欠陥・多動性障害(ADHD)児の注意力を改善させる効果があることが示された。ただし、この効果は血中ω-3脂肪酸濃度が低値の児においてのみ見られたという。英・King's College LondonのJane Pei-Chen Chang氏らがADHD児を対象にω-3脂肪酸の一種であるイコサペント酸(EPA)サプリメントのADHD症状改善効果を検討した二重盲検ランダム化比較試験の結果をTransl Psychiatry2019; 9: 303)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  ω-3脂肪酸が児のADHD症状を改善

error in template: found but mtif was expected