メニューを開く 検索を開く ログイン

神経ホルモン遮断薬がLVAD患者の生存延長

 2019年12月03日 05:05
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 末期心不全患者では、植え込み型左室補助人工心臓(LVAD)と心臓移植以外の治療選択肢が限られている。LVAD使用者は増加しているが、抗凝固薬以外の薬物療法に関するデータは不足しており、神経ホルモン遮断薬(NHB)の有効性については不明であった。米・Yale UniversityのNihar R. Desai氏らは、LVADを使用する重度心不全患者でNHBの追加により生存率が延長しQOLの有意な改善が示されたとJAMA Cardiol(2019年11月18日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  神経ホルモン遮断薬がLVAD患者の生存延長