メニューを開く 検索を開く ログイン

学童期の難聴、軽度でも行動や成績に影響

オランダ・約5,000例の横断研究

 2019年12月03日 05:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 小児の難聴は増加傾向にある。オランダ・Erasmus University Medical CenterのCarlijn M.P. le Clercq氏らは、同国ロッテルダム市の出生児を対象としたコホート研究のデータを用いて、軽度難聴(聴覚機能のわずかな低下を含む)が児の行動および学業に及ぼす影響を解析。その結果、軽度難聴とされる低周波の聴力閾値の上昇に伴い、児の問題行動が顕著になり、学業不振に陥ることが明らかになったとJAMA Otolaryngol Head Neck Surg2019年11月27日オンライン版)に発表した(関連記事「幼児期の難聴は軽度でも脳機能に影響」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  耳鼻咽喉 »  学童期の難聴、軽度でも行動や成績に影響