メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  耳鼻咽喉 »  学童期の難聴、軽度でも行動や成績に影響

学童期の難聴、軽度でも行動や成績に影響

オランダ・約5,000例の横断研究

2019年12月03日 05:00

19名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 小児の難聴は増加傾向にある。オランダ・Erasmus University Medical CenterのCarlijn M.P. le Clercq氏らは、同国ロッテルダム市の出生児を対象としたコホート研究のデータを用いて、軽度難聴(聴覚機能のわずかな低下を含む)が児の行動および学業に及ぼす影響を解析。その結果、軽度難聴とされる低周波の聴力閾値の上昇に伴い、児の問題行動が顕著になり、学業不振に陥ることが明らかになったとJAMA Otolaryngol Head Neck Surg2019年11月27日オンライン版)に発表した(関連記事「幼児期の難聴は軽度でも脳機能に影響」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  耳鼻咽喉 »  学童期の難聴、軽度でも行動や成績に影響